社長挨拶

株式会社ふじや
株式会社法善寺あられ
代表取締役
島影 寛美

 毎々格別のご贔屓を賜り、ありがとうございます。
 当社は、大正9年の創業以来、他社に先じて「つき出し屋」を手掛け、「珍味の大衆化」の流れをつくるなど、大阪の食文化の担い手として営業をしてまいりました。戦後の物資乏しき時代にあって、当社は企業倫理や社会的責任の重要性を感じ、法とモラルの遵守、労働条件の改善、公正な取引、お取引先様との信用第一の商いを始めました。その取り組みは、今も受け継がれ、安定経営の基盤を支えております。
 近年は、食環境の変化、商品の低価格化や同質化など、経営環境の変化する中、いろいろと取り組んでまいりました。特にあられの製造、販売事業は、新たな製法による商品を立ち上げるなど「法善寺あられ」ブランドの強化とともに営業戦略の多様化を進めました。
 これからも、食の安全性を守り、伝統製法とあられの本質を極めた高品質な商品づくりを続けるとともに、新たなサービス、新しい味、皆様に愛される商品開発を進め、「世代を超えて繋がる味、製品」を目指してまいります。
 今後とも、当社グループへの変わらぬご支援をお願い申し上げます。

ビジョン

味で時代をつなぐ

ほんものの味を時代を超えて守り育てる。
「ほんものの味」とは、安心安全な食品である事は勿論、人々に愛され後世に残すべき味。
「時代」とは、人が創る文化で有り、累々と続く人のつながり。
味で人をつなぎ、時をつないで、味と文化を守り育てる企業を目指す。

企業理念

1. 社会とともにあり続ける企業

自身が健全であるとともに社会に貢献できる企業を目指す。社会のルールを守り、地球環境に配慮し、
己の利のみを追求することなく、企業の社会的責任を果たし、社会とともにあり続けよう。

2.「利よりも信」、
「義」をもって共栄する企業

利益よりも信用を重んじ、義をもって誠実で、偽りない経営を行う。
お客様は元よりお取引先様、また自社の従業員に対しても、公正、公平で、透明性を持し、共栄関係を醸成する。

3. 人を重んじ、人を生かす企業

社員の人権と人格、自主性を尊重する。
一人一人が活躍できる機会と場、環境を得て、能力を発揮できる企業づくりを行う。